ピアノの修理見積り承ります!

みなさん、こんにちは!オトレンジャー11号ですにっこり

「ピアノを実家から移動したい」
「孫にピアノを譲りたいけど、しばらく調律をしていないのでちゃんと弾ける状態かどうか心配...」

 

最近、こういったご相談をよくいただきます。

必要なら修理したいし、できれば綺麗な状態にしておきたいけど、

どのくらいお金と時間がかかるのか分からないから、なんとなく頼みづらいなーなんて思っている方、

ご安心ください!

 

当社に修理を依頼される場合、まずは内部クリーニング(5,000円税抜)で内部の掃除をし、

内部を点検後必要に応じて修理のお見積りをお出しします。
内部クリーニング→ https://www.otanigakki.co.jp/maintenance/piano-inside-cleaning/

 

おおまかな金額などは、大谷楽器のHPに記載しております流れ星
ピアノ修理・クリーニング→ https://www.otanigakki.co.jp/maintenance/piano-repair/

 

まずはお気軽にご相談ください。

㈱大谷楽器 技術課 096-311-7855

修理したピアノを納品しました♪

みなさん、こんにちは!オトレンジャー11号ですにっこり

先月のことになりますが、お預かり修理をしたピアノをあるお寺さんに納品しました。

このピアノは一般のご家庭からの寄贈品で、年代もかなり前のものですが、こうして使ってくださる先が見つかってよかったですね♪

外装は長年積もった埃や手垢によるくすみ、さらには飼っていた猫ちゃん🐱の引っかき傷などで最初は修理を断念しようかとも思いましたが、ポリッシャーで丁寧に磨きをかけ、深い傷は上からラッカー塗料をのせて目立たなくしてなんとか艶が戻りました😂

内部はかなり保存状態がよかったのか、弦の錆も少なく、木部もしっかりしていたので、調律をすれば問題なくきれいな音が出ました。

今後はお寺のフェスなどで、コンサートの際に使われるそうです😊

 

県内全域、学校・幼稚園/保育園の調律にも伺います!

今日は久々に暖かい一日でしたね!

先日は、阿蘇の小学校へピアノの調律にお伺いしてきました。

外輪山にはうっすら雪が...!

県内全域の学校や幼稚園・保育園、公共施設などピアノがあるところはどこへでもお伺いいたします。

(調律・修理と別途出張料などはいただいておりません)

ピアノの調律は台数をまとめてご依頼いただきますとお得です。

その場合の金額に関しましては、お電話にて直接ご相談ください。

㈱大谷楽器店 技術課 096-311-7855

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます🎍

2018年もよろしくお願い致します😊

さて大谷楽器店ではピアノの内部クリーニングを行っております🎼

年末に大掃除がお済になった方もピアノの中まではできていないのでは?

ピアノ内部クリーニングは、毎年の調律実施は無理だけど、

定期的に内部のチェックはしておきたい!

という方にお勧めしているサービスです。

同時に、修理のお見積りのご依頼の際や、

ピアノの状態をきれいに保つための環境作りのアドバイスもさせていただきます。

この機会に是非ピアノ内部クリーニングをお試し下さい⭐

料金  5,000円(税別)

    ※ピアノ内部クリーニングには外装研磨・ピアノ調律・修理・調整などは含まれていません。

作業内容

  • ピアノ内部の清掃(ピアノ内部のダニや埃やゴキブリの糞を綺麗にお掃除)
  • ペダルの研磨(材質により研磨出来ない場合があります)
  • ピアノ健康カルテ(ピアノの状態をご説明させて頂きます)
  • お客様宅に訪問して約30分です。(ピアノによって異なります)

 

㈱大谷楽器店
熊本市中央区上通町7-1
お問い合わせ;096-355-2248

ピアノの処分もご相談を!

みなさん、こんにちは!オトレンジャー11号ですにっこり

みなさんのお宅には、長年弾かれずに眠っているピアノはありませんか?
「どうせ弾かないから処分をしたいけど、どうすればいいかわからない」「そもそも、うちのピアノ引き取ってもらえるのかしら?」
そんなお悩みがありましたら、ぜひ当店にご連絡ください!
ピアノ調律師がお宅におじゃまして、その場で査定をさせていただきます。査定費は無料です。
お電話の際に、ピアノのメーカー・機種・製造番号をお伝えください。
(ピアノの前方の屋根を開けたところに機種と製造番号が記載されています。)

 

ピアノの処分にお困りでしたら、お正月ご家族が揃われる機会にぜひ皆様でご検討ください。

ピアノの査定のご依頼は、年末は12月30日17時30分まで、年始は1月2日9時より受付いたします。

※年内のピアノ引取りはすでに終了しております。年始は1月5日より運送会社が通常営業になりますので、お引取りはそれ以降となりますのであらかじめご了承ください。

 

 

ピアノの湿気対策!

皆さんこんにちは
今回はピアノ内部に設置する除湿機
ダンプチェイサーをご紹介いたします🙂

これを設置すれば温度差が生じた場合など
自動的に感知し、ピアノ内部を暖めて湿気を排除してくれます♪
また音も静かで必要のないときは電気を最小限に抑えます☆

梅雨の湿気が多い時期や、結露の多いこの時期など
ピアノの内部を1年中快適な環境にしてくれます⭐

結露や湿気の影響が気になる方は
ダンプチェイサーの取付をオススメ致します🎼

税込価格¥24,840(取付費用込み)

㈱大谷楽器店
熊本市中央区上通町7-1
お問い合わせ;096-355-2248

アンジェリーナのおいしいクリスマスケーキ頂きました。

こんにちは、ちゃーみーです。

クリスマス イブですね。

今日は、ピアノタウン熊本に入ってます。

今日は、福岡よりお客様がお越しになられました。

ピアノを色々ご覧になられてご予約頂きました。

今日は、今から阿蘇に行かれてお泊りされるとの事

お子さん方も喜んでいらっしゃいました。

ゆっくり温泉に入られてクリスマスイブを楽しまれて下さい。

ちゃーみーも毎年恒例、植木のアンジェリーナさんのケーキを

頂きました。

明日は、また福岡です。

みなさんも、クリスマス楽しまれて下さい。

ピアノタウン熊本では、『クリスマス特価品』をご用意して

皆様のお越しをお待ちしてます。

本日は、19:00まで営業してます。

自動演奏でクリスマスソングを流してお出迎え致します。

是非お越し下さい。

㈱大谷楽器 ピアノタウン熊本 技術課

熊本市北区植木町舞尾578番地

096-272-5507

 

アップライトピアノとグランドピアノの違い

みなさん、こんにちはぬふりん オトレンジャー11号です葉っぱみなさんは、グランドピアノとアップライトピアノの中の構造を見比べたことはありますか??

実は、こんな風になってるんですキラキラ

【グランドピアノの上の蓋(屋根)を開けて奥から撮影したもの】

【グランドピアノの中の「アクション」を取り出した状態】

【アップライトピアノの外装を外した状態】

【アップライトピアノを上から撮影したもの】

同じ「ピアノ」であり、両方とも弦を叩いて音を出す楽器なのに、こんなにも見た目がちがうって不思議ですね!

両者の最大のちがいは、弦が横に張ってあるか、縦に張ってあるか、ということ。
横に張ってあるのがグランドピアノで、縦に張ってあるのがアップライトです。
ちなみに、アップライトは英語で書くとUpright、「直立した」という意味です。納得ですね♪
もともと古くからあったのはグランドピアノだけでしたが、弦を立てることによって置くためのスペースを狭めることに成功し、家庭用に改良されたのがアップライトピアノのはじまりです。

ほかにもグランドピアノとアップライトピアノには、音の響き方や鍵盤の連打性など、様々なちがいがあります。
ただ大きさがちがうだけではないんですね!

ピアノの調律作業を大公開!

みなさん、こんにちは!オトレンジャー11号ですにっこり

みなさん、ピアノの調律はチューナーでやるというイメージはありませんか?
なかにはチューナーを使ってする調律師もいるかもしれませんが、㈱大谷楽器店の調律師は音叉と自らの聴力で調律をします。
「でも、一本の音叉でどうやって音を合わせるの??」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、今回はみなさんに調律の流れを大公開しちゃいます★

①ピアノは一音に対して中音~高音部は3本の弦が張られています。でも、3本を一度に合わせるのではなく、1本1本正確に合わせていくために、ほかの2本はフェルトで押さえて音を止めます。そのために使われるのが、写真の赤くて長いフェルトです。

②最初に、音叉で真ん中の「ラ」の音をとります。通常、アップライトピアノは440Hz(ヘルツ)、グランドピアノは442Hzで合わせます。
そして、「割振(わりふり)」という方法を使って、「ラ」でとったピッチと同じ高さの音に、そのオクターブのほかの音を合わせていきます。
「ラ」→「レ」→「ソ」→「ド」→「ファ」→「シ♭」→「ミ♭」→「ラ♭」→「レ♭」→「ファ♯」→「シ」→「ミ」という順番で、だいたい1秒に〇回の音の周波数をつくる、っといった具合にすべて耳で聴いて合わせます。これが結構難しい技術です。

③割振ができたら赤いフェルトをとって、3本中の他の2本の弦のピッチを合わせます。

④割振部分の調律が終わったら、今度は真ん中のオクターブから両脇のオクターブへと徐々に広げています。

⑤④の作業によって、全88鍵の調律をします。全部で220本ある弦を耳で聴いて合わせますので、だいたい調律には1時間~2時間かかります。

☆調律の際に注意していただきたいこと☆
・調律はすべて調律師の耳で合わせます。ですので、極力周囲を静かにしただくと、作業が効率よくすすみます。
・調律中に周囲の気温に変化があると、弦の状態が変化し調律にムラが出てきてしまいます。ですので、できるだけ調律の途中で極度な温度調整はおすすめしません。

ピアノはとてもデリケートな楽器です。定期的なメンテナンスで、ピアノの状態を一定に保ちましょう!